So-net無料ブログ作成
検索選択

さいたまの犬死骸遺棄事件 元町議、初公判で起訴事実認める(産経新聞)

 埼玉県飯能市の正丸峠に大量の犬などの死骸(しがい)が捨てられていた事件で、詐欺と廃棄物処理法違反の罪に問われた動物葬祭業の元同県三芳町議、阿部忍被告(72)の初公判が16日、さいたま地裁川越支部(加登屋健治裁判長)で開かれた。阿部被告は罪状認否で「間違いありません」と述べ、起訴内容について認めた。

 起訴状によると、阿部被告は2月18日ごろ、犬の火葬を依頼した戸田市の男性会社員に「きちんと火葬して明日、遺骨はお持ちします」などとうそをついて実際には死骸を火葬せずに投棄し、男性には別の犬などの骨を渡して犬の火葬代1万5千円をだまし取ったなどとされる。

 阿部被告は県警の調べに対し、「同業者が増え、値下げしないと客が集まらなかった。火葬代を浮かせるため捨てた」と供述していた。

 県警によると、阿部被告が犬の死骸を捨てたとする飯能市の正丸峠付近からは、計約180匹の動物の死骸が見つかっていた。

 初公判のこの日は、傍聴券を求めて午前5時半から飼い犬の遺影を持って同支部前に並ぶ人の姿もあり、傍聴席はほぼ満員となった。

【関連記事】
ペット業者乱立で競争激化…犬遺棄、詐欺容疑で再逮捕の阿部容疑者
犬遺棄「もうからないので捨てた」 埼玉県警が元町議を詐欺容疑で再逮捕へ
埼玉の山中に大量のペットの死骸 野焼きもしていた元町議が捨てた理由とは…
千葉でまた…クジャク2羽捕獲
くぎ入りペットフードが公園に、犬が十数本食べる
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

首相提案の財政健全化会議、谷垣・山口氏が拒否(読売新聞)
党首会談を拒否=政府・与党(時事通信)
わざと女性はね送るふり、断ると暴行の男逮捕(読売新聞)
村井・長野県知事の心変わりでリニア新幹線Bルートの夢潰える?(産経新聞)
天皇、皇后両陛下 世界最大級の淡水魚水族館視察 岐阜(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。