So-net無料ブログ作成
検索選択

<子ども手当>韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組(毎日新聞)

 兵庫県尼崎市に住む50歳代とみられる韓国人男性が、養子縁組したという554人分の子ども手当約8600万円(年間)の申請をするため、同市の窓口を訪れていたことが分かった。市から照会を受けた厚生労働省は「支給対象にならない」と判断し、市は受け付けなかった。インターネット上では大量の子ども手当を申請した例が書き込まれているが、いずれも架空とみられ、同省が数百人単位の一斉申請を確認したのは初めて。【鈴木直】

 尼崎市こども家庭支援課の担当者によると、男性は22日昼前に窓口を訪れた。妻の母国・タイにある修道院と孤児院の子どもと養子縁組をしていると説明し、タイ政府が発行したという証明書を持参した。証明書は十数ページに及び、子どもの名前や出生地、生年月日などが1人につき1行ずつ書かれていた。担当者が「養子はどの子ですか」と聞くと「全員です」と答え、男女で計554人と説明したという。

 男性には実子が1人いる。子ども手当は月額1人につき1万3000円(10年度)で、計555人分が認められれば、年間8658万円の手当が支給されるが、厚労省子ども手当管理室は「支給はあり得ない」と言う。

 今回のようなケースについては、国会審議で野党から問題点として指摘されていた。手当の支給要件は(1)親など養育者が日本国内に居住している(2)子どもを保護・監督し、生活費などを賄っている−−の2点だけ。母国に子どもを残してきた外国人にも支給されるうえ、人数制限もなく、機械的な線引きが難しいためだ。こうした盲点を突かれ、ネット上では「100人を養子縁組しても手当はもらえる」といった書き込みや批判が絶えない。同省は今月6日、ホームページに「50人の孤児と養子縁組をした外国人には支給しない」と記したものの、根拠は「社会通念」とあいまいだ。何人以上なら不支給という明確な基準はなく、同様の申請が各地で続発しかねない状況となっている。

 尼崎市の男性は、子どもへの送金証明や面会を裏付けるパスポートのコピーなど外国人に求められる書類をそろえており、事前に調べてきた様子がうかがえた。市の担当者は「可能ならもらおうという意欲を感じた」と話している。

【関連ニュース
民主党:予算圧縮進まず 参院選マニフェストで中間報告
長妻厚生労働相:子ども手当の「バラマキ」批判にピリピリ
民主党:参院幹事長「暫定税率を維持」…環境と整合性なく
子ども手当:「全額現金支給」厚労相が見解
子ども手当:外国人への支給厳格化 年2回帰国面会確認へ

検察、弁護側同意なしの証拠を誤って朗読(読売新聞)
主力製品ネスプの適応追加を発表―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)
銃許可業務怠り、24人処分=94年から14年間−鹿児島県警(時事通信)
徳之島3町長との会談に意欲=平野官房長官(時事通信)
午後に離党届提出=自民・舛添氏(時事通信)

森づくり、削減CO2「貯金」通帳に(読売新聞)

 山形県は今年度、植樹や枝打ちなどの森づくり活動に応じて二酸化炭素(CO2)削減量を“貯金”していく「森の貯金通帳制度」を始める。

 単独のイベント参加にとどまらず、継続的に、楽しみながら取り組んでもらうのが狙い。CO2貯金量が1000キロに達すると「森の達人」認定証が交付されるといい、担当者は「活動の成果を実感できる取り組みにしたい」と期待している。

 参加者には、持ち主だけの口座番号が付与された「森の貯金通帳」を発行。苗木の植え付けや枝打ち、つる切りなどの森林整備を行うごとに、作業数や植栽本数に応じた削減量を記入していく。植栽は1本当たり2キロ、下刈り・つる切りは参加1回(150平方メートル)当たり75キロなど、活動内容別に貯金量も設定した。

 6月から、県内4か所にある「県民の森」のひとつ「源流の森」(飯豊町須郷)でモデル事業を開始。毎週土日の森づくり活動を想定し、作業終了後、同施設がCO2量を認定する仕組み。県みどり自然課は、「1000キロ分を貯金すれば、乗用車1台が排出するCO2の半年分を削減したことになる。個人や家族で気軽に取り組める環境貢献として定着してほしい」と話している。

<X JAPAN>TOSHIさんの事務所、破産開始決定(毎日新聞)
X JAPAN TOSHIさんの事務所、破産開始決定(毎日新聞)
雑記帳 猿撃退に虎のぬいぐるみ 愛知・岡崎(毎日新聞)
ほう助で無職少年を検察官送致=石巻3人殺傷事件−仙台家裁(時事通信)
「日程管理が不十分」原因=3閣僚の予算委遅刻−政府答弁書(時事通信)

「早慶レガッタ」でボート転覆 けが人なし (産経新聞)

 18日午後2時10分ごろ、東京都台東区蔵前の隅田川で、「第79回早慶レガッタ」に出場していた慶応大のボートが転覆、選手9人が川に投げ出された。9人は間もなく警視庁東京湾岸署の警備艇に救助され、けがはなかった。

 同署の調べによると、ボートは最終13レースに向けて待機中だったが、審判団らを乗せた小型船の波のあおりで、バランスを崩したという。

 レースは、開始時間を遅らせて続けられた。

【関連記事】
英国テムズ川「ザ・ボートレース」 25万人大声援 春告げる伝統の戦い
早慶レガッタ 慶大4年ぶり勝利
勝利の女神にごあいさつ
ボート日本代表を継続強化 ロンドン五輪へ一貫指導
西武逆転CSは帆足にお任せ! 無四球完封8勝
外国人地方参政権問題に一石

<脳脊髄液減少症>保険診療対象の周知徹底、自治体に通知へ(毎日新聞)
<栃木県知事>「ゆるキャラ」と番組撮影 県の魅力発信(毎日新聞)
<自民党>谷垣総裁が近く「ツイッター」開始 ぼやき先行も(毎日新聞)
普天間問題で協力求める 日米非公式首脳会談で鳩山首相(産経新聞)
自動車整備工場でガス爆発=従業員3人搬送−新潟(時事通信)

<火災>住宅全焼2人不明 愛知・蒲郡(毎日新聞)

 9日午後7時10分ごろ、愛知県蒲郡市西迫町郷度の無職、柴田一雄さん(96)方から出火、木造2階建て住宅と隣接する作業場の計延べ約660平方メートルを全焼した。柴田さんと長女トミエさん(68)の2人が行方不明になっており、県警蒲郡署が捜している。

 同署によると、柴田さんは9人家族で、出火当時、7人が在宅していたという。不明の2人を除き無事が確認されている。柴田さんの部屋から出火したらしい。【丸林康樹】

【関連ニュース
2児死亡火災:寝室に使い捨てライター 川崎
ダイキン工業:空気清浄機87万台回収 発火8件
ライター:火災対策会議招集へ 火遊び原因相次ぎ
川崎マンション火災:3歳の双子死亡、祖母は重体
火災:マンションの一室全焼、1人死亡2人重体 川崎

乗降中のバスに車が追突、9人軽傷…相模原(読売新聞)
民主岐阜県連、体制刷新求め党本部に意見書(読売新聞)
<雑記帳>うれしいな、さっちゃん JR船橋駅(毎日新聞)
京都知事に山田氏3選=共産推薦候補退ける(時事通信)
<キヤノン工事脱税>大光前社長の腹心 被告に実刑判決(毎日新聞)

<行政刷新会議>事業レビューで公開基準決定(毎日新聞)

 政府の行政刷新会議は8日、09年度予算の執行状況検証のために各府省が実施する「行政事業レビュー」で、外部有識者も交えた公開部分の基準を決定した。予算額が大きい事業や、長期間実施され改善の余地があるものなどを公開対象とする。09年度予算を編成した自公政権の「無駄遣い」をあぶり出す狙いもある。

 鳩山由紀夫首相はあいさつで「レビューは行政自ら事業仕分けを行う新しい試み」と強調。枝野幸男行政刷新担当相も8日の衆院本会議で「各府省で(財務省への)予算要求前に使途の実態を把握し、結果を予算要求に反映する」と歳出抑制の意義を強調した。

【関連ニュース
行政刷新会議:茂木議員が18公益法人で役員
行政刷新会議
行政刷新会議:茂木キッコーマン会長、18公益法人で役員 仕分け、公平性に疑問

<海賊>東アフリカ沖で日本関係船に発砲 航行には支障なし(毎日新聞)
政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利(医療介護CBニュース)
沖縄の理解に全力=鳩山首相(時事通信)
未承認医療機器の使用実態調査を―薬害オンブズパースン会議(医療介護CBニュース)
“ネット出身”自民公認・三橋氏、アキバでコスプレ政治パーティー(スポーツ報知)

【視点】日本の宇宙開発 有人計画、戦略練る転機(産経新聞)

 日本人を乗せた最後のスペースシャトルが宇宙に飛び立った。日本が20年近くにわたり飛行士を送り込み、多くのノウハウを学んできたシャトルは9月に引退予定で、対米依存一辺倒だった日本の有人宇宙開発は大きな転機を迎える。

 日本人飛行士は今後、ロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーション(ISS)に向かう。ISSの運用は2020年まで延長される見通しで、日本はシャトル搭乗で培った有人技術の経験を土台に、実験棟「きぼう」の利用に力を注ぐことになる。

 ただ、きぼうの経費は年間約400億円に上る。財政状況が厳しい中で、宇宙関連予算の大きな圧迫要因となっており、将来の芽となる新たな研究開発の財源不足を招きかねない。きぼうの賢い利用法を常に追求していく必要がある。

 日本の宇宙開発の最大の弱みは独自の有人船を持たないことだ。ISSの無人補給機「HTV」を有人仕様に発展させる構想もあるが、巨額の予算投入には国民の幅広い理解が不可欠で、議論は具体化していない。

 シャトルからの卒業を機に、政府は有人宇宙開発の長期戦略を真剣に考えるべきだ。(小野晋史)

【関連記事】
「銀河鉄道」あこがれ胸に山崎さん出発
「フレッフレッ直子」母校で150人大歓声
“シャトル卒業”日本の有人宇宙開発に転機
最後の日本人搭乗 広がった活躍の場
山崎さんの長女「宇宙で頑張ってほしい」
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<年金>訂正の申立書114件を不正処理 旧厚木事務所(毎日新聞)
<外交青書>安全保障は日米機軸…東アジア共同体に含めず(毎日新聞)
民主参院幹部が首相を激励「参院選の勝敗にかかわらず政権続く」(産経新聞)
核先制不使用は「時期尚早」=防衛研が10年版戦略概観(時事通信)
【あれから、15年 警察庁長官銃撃事件】(下)浮上したもう一人の男(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。